3月-March-

3/2(金)、3/5(月)
『エゴノエコ』

1年度の締めくくりであるこの時期は、物思いに耽る方も多いのではないでしょうか。
私浜田も青春時代を思い出しては運動不足に悩んでおります。

今月御茶ノ水KAKADOがインタビューするのは自然体、自由人シンガーソングライターのエゴノエコさんです。

■まずは自己紹介をどうぞ。

千葉県出身、AB型。Tシャツ大好き、タマネギガキライ系シンガーソングライターのエゴノエコです。


■“エゴノエコ”とはとてもインパクトのあるお名前ですが、その由来を教えてください。


エゴは自我、エコは省エネ。
エゴ(自我)のエコ(省エネ)という意味があります。

シンガーソングライターって自分の言いたいことが強すぎて押し付けてしまうことがあると思うんです。
そう思ったときに自分を出しすぎず、考えを押し付けないように、空気を大切に作ってお客さんも一緒に楽しんでもらうのがいいな、、、って思いエゴノエコという名前にしました。

言葉遊びみたいな語呂も好きだし、他の方の名前と並べても目立つので気に入っています。


■シンガーソングライターを始めたキッカケについて教えてください。


学生時代に軽音楽サークルに所属していました。
その頃弾き語りはしていなくて、先輩からYUIのコピーバンドをしたいって言われてあまり気乗りしないままギター弾いていました(笑)。

社会人になってからは仮歌のお仕事やライブハウスに出演するようになり、徐々に音楽に目覚めて、その後就職していた会社を辞め、自分にしかできないことをやりたいと思いシンガーソングライターを始めました。


■曲作りでこだわっていることはありますか?


ひとつのステージで飽きないように、幅広い曲作りを心がけています。

弾き語りって歌とギターの二個の音しかないじゃないですか。
だからステージを見た時にこの人はしっとり系だな、、、この人は明るい人だな、、、っていうひとつのイメージが付きがちだと思んです。

それよりは色々な曲をやって盛りだくさん、贅沢だなって思ってもらえるようにジャンルは絞らず色々な曲を聞いたうえで曲作りをしています。

あと最近は、言葉遊びにはまっていて、歌詞が聞こえやすく言葉遊びを入れるようにしています。


■言葉遊びでいうと最近は“まずいビール”がその要素が強いですね。


そうですね。
“ビール”と“シーツ”。“炭酸”と“晩餐”とか。

あと実は“まずいビール”ってエゴノエコとしては革新的な曲なんです。

いままではギターを弾きながら、鼻歌でメロディを決めてくことが多かったのですが、“まずいビール”はギターを録音して、メロディはピアノできっちり決めて、歌詞がなくても自然に耳に入るメロディを分析して作った唯一の曲なんです!その辺を含めて改めて聞いてほしいー!!!


■最近ビール飲んでる?


我慢してる。ダイエットのために(笑)


■昨年リリースしたシングル「おん」と「おふ」。これはエゴノエコを表現する上で非常に大切な要素だと思うのですがエゴノエコの「おん」、「おふ」について教えてください。


普段の私は他人に合わせるタイプなので言いたいことを言えないときが多いのですが、エゴノエコとしてステージに立つときは、そんな日常生活で言葉にできないこと、訴えたいことを表現しています。それを詰め込んだのが「おん」。

「おふ」はゆるい感じ(笑)、超適当~。

エゴノエコは“自然体”で“自由人”なのでどちらも自分の中ではウソが無い表現で、どっちも素直な気持ちで歌っています。


■二重人格?


たぶんそうかも笑 私はAB型のふたご座なんです。


■ライブのときこだわっていることはありますか?


特にないですね。エゴノエコは自由人なので、その日その日のライブごとに変わっていくので、決まりごとはないです。
ある意味そこがこだわりかな~?


■最後にファンの方へのメッセージどうぞ。


最近特に思うのですが、、、ライブに来るのって当たり前のことだけど、時間もお金もかかるし大変じゃないですか。
それでも繰り返しライブに来てくれる人がいるってことは、本当にすごいことだなぁって。

ライブを重ねるごとに感謝の気持ちが大きくなってます。
いつもありがとうございます。

どんな状況になっても、自分らしく自由に音楽をやっていくので、そんなエゴノエコに今後も寄り添ってください。


以上、エゴノエコさんありがとうございました!!!


■エゴノエコ出演SCHEDULE■
3/2(金) 『御茶ノ水Act gallery』
3/5(月) 『御茶ノ水KAKADO×OTONOVA 会場代表決定戦』

Acoustic Live Music KAKADO 〒113-0034 東京都文京区湯島1-7-16(JR御茶ノ水駅からお越しください。)
Copyright(c) 2012 KAKADO All Rights Reserved.