2017年 6月-June-

小林翔馬企画3マンライブ『御茶ノ水の戦い』 6月7日(水

※「御茶ノ水の戦い」とは関ヶ原の戦いと同じニュアンスになります。 by小林翔馬

小林翔馬のセリフはちょっとよくわからないですが夏らしい最高熱いイベントを御茶ノ水KAKADOのアフロ担当(まだなっていない)ことブッキングマネージャーの浜田が紹介させて頂きます!!年初めから2017年は飛躍の年にしていくと豪語しておりました小林翔馬。4月には自主企画『Big step』を成功させ、次に掲げたイベントが大先輩二人とのスリーマンライブ!!!やはり今年の小林翔馬は少し違う!!日に日に注目度が上がっております!さてさて、そんな小林翔馬企画のスリーマンライブ!彼と一緒に熱いライブを繰り広げてくれる二人のアーティストを僭越ながら私浜田が紹介させていただきます。

 

まずは一人目!よこちんの愛称でお馴染み、栃木出身のシンガーソングライター“横田悠二”さんです!問いかけるように、忘れかけていた大切な思いを呼び起こしてくれるような歌声・歌詞。時には全力で笑顔を勝ち取りに行き会場を沸かせ、心をわしづかみにしてく。『めがねは友達!!!』と叫びながら眼鏡をふっとばしたパフォーマンスが浜田は忘れられないです(小並感)。親しみのある横田悠二というキャラクターを通して伝えられる世界観は生きづらい世の中を少しだけ生きやすくしてくれるような、、、そんな優しさと愛と強さ、、、遊び心でで溢れているような気がします。

0607 横田悠二

 

 

 

 

二人目はすべての弱虫、泣き虫に捧ぐ人生の応援歌を歌うシンガーソングライター『中村慎吾』さん。KAKADOの周年イベントにも出演して頂いた中村慎吾くんですが、、、見るたびに進化する彼のステージは人生そのもの。中村慎吾という人間生き方がステージに現れていて、熱く激しいもあれば優しく包み込んでくれるステージでもあったり。一度その姿を見れば感化されるいるアーティストは少なくないはず。個人的に数年前に対バンしたこともあるのですがその当時から熱い思いが溢れにあふれ、生き方・音楽に対して妥協しない姿は心から尊敬します!

0607 中村慎吾

 

 

 

 

 

 

 

そんな大先輩二人に立ち向かうは小林翔馬!!

0607 小林翔馬

 

 

 

 

 

 

キャッチーなメロティーライン、懐の広い歌声。”僕はきみのもの”と優しく大切に歌い上げる、思いやり溢れる世界観は彼の人柄そのものを表しているようで、、、仕事に疲れた人や大切な人とケンカなんかしちゃった人には是非彼の音楽を聞いてほしい。

はたして得意のダンスは披露してくれるのか!?

まさに御茶ノ水KAKADOは音楽の戦場と化していくのです!!!この日に対する小林翔馬の想い、覚悟は相当なもの。そしてライブ当日はさらに大きな発表があるとか、、、!!!益々目が離せません!!!

記念すべきこのイベントに是非お越しください!!!  担当 浜田

Acoustic Live Music KAKADO 〒113-0034 東京都文京区湯島1-7-16(JR御茶ノ水駅からお越しください。)
Copyright(c) 2012 KAKADO All Rights Reserved.